グローバル人材育成のための公開講座(セミナー、研修サービス)

グローバルマネジメント監査担当者養成講座

対象

  • 本社海外部署関係者
  • 人事部門担当者
  • シニア

 

概要・効果

 

日本経団連によるグローバル人材の育成・活用に向けて求められる取り組みに関するアンケート結果によると、グローバル経営を進める上での課題のうち、『海外拠点の幹部層の確保・定着』などがグローバル経営を進める上での課題としてクローズアップされています。一方で日本版コーポレートガバナンス・コード導入にともない、海外拠点における監督、不正行為の予防、検出等、本社にはより深く実態把握をすることが求められることになります。本講座では事業戦略、組織構造(等級・報酬・評価制度等)、組織行動(人材確保・選抜・育成・キャリアパス・離職等)、・リスク(ハラスメント・労働組合関連)等、海外拠点の監査において見過ごされがちな現地の人材マネジメントの各ポイントについて紹介し、グローバルマネジメント監査担当者を養成します。

 

グローバルマネジメントと管理・統制の関係

講師の言葉

本講座では海外拠点経営において本社が把握しておくべき「人材確保」「基幹人事制度」「選抜」「育成」「キャリアパス」「離職」「マネジメント」「リスク」というような人材マネジメント上のポイントについて実際に拠点でインタビューできるようにするための担当者養成コースです。人事担当者で海外赴任経験のない方、海外経験は豊富でも日本で人事経験のない方、社内での豊富な経験をいかしたいシニアの方などのご参加を歓迎します。

特典【1】

グローバルマネジメント監査ハンドブック

海外拠点経営において本社が把握すべき人材マネジメント上の把握ポイントが1冊につまったハンドブックがついています。

特典【2】

グローバルマネジメント監査チェックシート

海外拠点経営における本社の把握ポイントである①人材確保 ②基幹人事制度 ③選抜 ④育成 ⑤キャリアパス ⑥離職 ⑦マネジメント ⑧リスク等についてのチェックシートをご提供します。

特典【3】

オンライン研修「グローバルマネジメント基礎講座」

定価20,000円(2ヶ月受講/1ID・税別)が特典でついています。

 

プログラム

グローバルマネジメント監査 担当者養成講座では事業戦略、組織構造(等級・報酬・評価制度等)、組織行動(人材確保・選抜・育成・キャリアパス・離職等)、・リスク(ハラスメント・労働組合関連)等、海外拠点の監査において見過ごされがちな現地の人材マネジメントについて紹介し、グローバルマネジメント監査担当者を養成します。 

時間 テーマ 学習内容
午前 グローバルマネジメント監査概要 ■グローバルマネジメント監査が求められる背景
・定義・対象・目的
・担当者に求められる能力
・計画の流れ
・実施手順
・実施報告
インタビュー項目①事業背景 ・グローバルビジネス戦略に関する背景、インタビュー項目と解説
インタビュー項目②組織構造 ・等級・報酬・評価制度等、制度面に関するインタビュー項目と解説
時間 テーマ 学習内容
午後 インタビュー項目③組織行動 人材確保・選抜・育成・キャリアパス・離職等に関するインタビュー項目と解説
インタビュー項目④組織行動 リスク(ハラスメント・労働組合関連)等、に関するインタビュー項目と解説
まとめ