グローバル人材育成のための公開講座(セミナー、研修サービス)

異文化マネジメント研修(外国籍社員受入職場の上司・担当者向け研修)

対象

  • 国内において外国籍社員を部下にもつ管理職
  • 受入担当者
  • メンター等

 

概要・効果

公開講座として開催

今まで企業内研修に限定されていた研修がこの度、どこでも受講が可能なオンライン研修として開催されます。

「外国籍社員の活用を阻む3つの壁」に対応

日本における外国籍社員の活用を阻むものとして「社会システム・人事制度などの一般適応」「社内外におけるコミュニケーション等対人適応」「キャリア等の職務適 応」の「3つの壁」がありますが、これらに対応した内容です。

「指示の徹底」と「提案の引き出し」の技術

歴史、宗教、文化等異なる立場、発想のメンバーに対し反感を買わずに指示を徹底させる技術、海外スタッフから自主性と提案を引き出す技術学びます。

理論と実践で身につける

グローバルマネジメントの理論(違いを価値に変える6段階理論)と事例紹介により体系的に学べます。講義、個人ワーク、グループワーク、ロールプレイ、クラス共有、解説を通じて「3つの技術」「異文化チームでの合意形成」への対応を身につけることができます。

自分のマネジメント軸・持論を作る

本研修では参加者が海外スタッフに向き合う際の自らのマネジメント方針を持論・アクションプランとしてまとめ日々に実践に繋げることをゴールとします。

フィードバックの種類と進め方

参加者の声

外国籍社員の方々の思いや悩みに関してより深く理解できました。
当社に入社している外国人社員は、日本語が堪能な人間が多いため、下手をすると相手の気持ちを理解していない上司となってしまうところだったと感じた。
実際にロールプレイ等で体験してみて、外国籍部下だけでなく日本人の部下に対してどう接していけば良いかという点でも大変勉強になりました。今後のマネジメントに大変参考になると感じました。
他社の同様な立場の方々と意見交換ができ、また講師の方の適切なアドバイスにより、有意義な講義でした。
外国人社員、とひとくくりにするのではなく100人いれば、100通りの対応という研修の一番最初に聞いた言葉に共感。上司としての対応に光が見えました。

特典【1】

オンライン研修「グローバルマネジメント基礎講座」

定価20,000円(2ヶ月受講/1ID・税別)が特典でついています。講座前後2週間受講できますので予習、復習としてご活用ください。

特典【2】

国別・異文化対応ポイント集とマネジメント自己診断シート

各国のマナーやタブーについて紹介している国別・異文化対応ポイント集を配布します(中華圏, 韓国, タイ, ベトナム, ミャンマー, マレーシア, インドネシア, フィリピン, シンガポール, 欧米共通, インド, アラブ諸国)

プログラム

時間 テーマ 学習内容
午前 オリエンテーション ・講師、参加者自己紹介
・進め方紹介
課題整理・共有 ■外国籍社員受入にあたっての課題整理と共有を行う
・ライフライン(仕事をする前提の一般適応)
・コミュニケーション
(組織文化理解、上司・同僚との関係などの対人適応)
・キャリア(評価方法などの職務適応)
・リスクマネジメント(病気、機密保持への対応などの危機対応)
上司に求められるマネジメントテクニック①
「違い」を理解する
■国、社会背景、職場における発想・アプローチの「違い」を理解する
・論点の違い
・仕事観を把握する
・国別・回答傾向
・外国籍社員が嫌う上司の言動
・会話タブーへの備え
・「分かる」の3分類
・上手な聞き方、話し方
・日本人による日本語注意点
・多様な人材育成手法
12:00 昼食
午後 上司に求められるマネジメントテクニック②
「違い」への対応
■部下と信頼関係を構築し、業務遂行を果たすための「違い」への対応について学ぶ/望ましい行動を強化・徹底し、結果を出すための考え方・コミュニケーション技術を身につける

・違いを価値に変える6段階
・フィードバックの技術
・フィードバックロールプレイ
上司に求められるマネジメントテクニック③
「違い」を価値創造に変える
■部下と互いに提案し合える関係構築のための考え方・技術を身につける

・対話技術
・対話ロールプレイ
マネジメント持論作成 ・マネジメントに向けての方針を持論
・アクションプランとしてまとめ日々に実践に繋げる。
・発表
※持論シートを作成します。
・まとめ

 

企業内研修は「外国籍社員 受入部署向け研修」をご参照ください。