グローバル人材育成のための公開講座(セミナー、研修サービス)

Working in Japanese Companies(スタートアップ研修)

対象

  • 外国籍新入社員

 

概要・効果

公開講座として開催

今まで企業内研修に限定されていた研修がこの度、1名からで参加できる公開講座として開催されます。

多言語対応

テキストは日本語・英語(もしくは中国語)併記。講師は英語・中国語で進行可能です。

日本企業で働くための考え方・コツが分かる

職場でもとめられる考え方・振る舞いとともに、日本人とのコミュニケーションを円滑に進めるテクニックを学びます

ビジネスマナーの裏側も理解

挨拶・礼儀などのコミュニケーションの裏側にあるコンプライアンスや風評リスクの重要性を理解します。

日本企業で働く指針を作る

本研修では参加者が日本企業で働く際の自らの行動指針を持論・アクションプランとしてまとめ日々に実践に繋げることをゴールとします。

What is “excellence”

参加者の声

学生から社会人に変わるタイミングで、このような講義が受けられることは非常に有益だと思います。
日本企業での働き方を学ぶことができ、将来について考えを持つことができました。
また、社会人としての覚悟を持てるようになりました。
日本企業の基本的なビジネスマナーを教えていただきました。自分で考えてから互いにディスカッションする方法はよかったです。
自分の過去を振り返り、自分にとって成長になることはどういうことかを考えました。これからの仕事中、役立つと思います。
Helped us to redefine our goals very clearly.Got a concrete idea about how to behave in the company.
It was a two way session ware own ideas are analyzed & feed back was good!
IQuite a lot informative as well as interesting

プログラム

時間 テーマ 学習内容
午前 オリエンテーション ・講師・参加者自己紹介
・アイスブレーク(会社と個人の関係)
違いの理解 ■学生と社会人、母国と日本の違いについて比較しながら理解する
・異文化適応のUカーブ
・国によって異なる文化の傾向
・学生と社会人
・母国と日本、働き方の違い
・生活、コミュニケーション(日本語、非言語)、仕事内容(やりがい、成長、キャリア)、リスク(トラブル経験や不安)の現状認識・今後の展望について
ビジネスコミュニケーションとビジネスマナー ■ビジネスコミュニケーションの重要性と効果的な手法について理解する
・コミュニケーション力とよりよい人間関係を築くためのコミュニケーションの習慣
・ホウレンソウ(報告・連絡・相談)の定義
・ホウレンソウケーススタディ
・ビジネスマナーと守秘義務の関係
時間 テーマ 学習内容
午後 チーム形成 ■チームの形成における課題やポイントを理解し、チームが活性化し成果を上げるために自分が取るべき行動について考える
・異なる立場、発想のメンバーと限られた時間内で目的を達成するための留意点・手法・技術について身につける
①6つの異なる性格のメンバーが社内プロジェクトを推進
②上記に更に宗教事情を追加し、社内プロジェクトを推進
キャリア形成 ■キャリア形成について目標・課題を把握する
・人生グラフによる振り返り
・仕事の上で大切にする価値観
・現在と将来の目標と課題
持論作成 ■日本企業で働く、ということについて持論・アクションプランを作成し今後の指針とする
※持論シートを作成します

・まとめ

 

 

企業内研修は「日本企業で働く/Working in Japanese Companies/在日本公司上班<持論シリーズ>」をご参照ください。